唐戸市場と共に歩んだ下関蒲鉾の歴史

下関の蒲鉾は唐戸市場と共に歩んできました。

 

当初の私共の売り場は現在の唐戸公園から市庁舎の前あたりで「余山市場」と呼ばれていました。

 

昭和8年に下関市唐戸魚菜市場が開設され今の唐戸市場に変わっていきました。

 

唐戸市場は業者向けの卸売市場と小売り市場の機能が共存する珍しい形態の市場です。

 

食品センター内にある弊社店舗も場内や市内のお客様に卸売をしながら、一般のお客様にも商品を販売しております。

 

ここでしか買えない限定商品や、試作品などの掘り出し物、ウニやふぐ製品など蒲鉾以外のオススメの特産品も取り揃えております。

市場は水曜日、日曜日がお休みしている可能性があります。詳しくは唐戸市場のカレンダーでご確認ください。

 

また、営業時間は基本お昼までとなっております。


市場限定の商品も

オススメの特産品も

掘り出し物も